男の離婚準備

【男が離婚準備でしておきたいこと】離婚時の養育費の契約書の残し方(公正証書)

残念ながら離婚をするということになった際に、協議して離婚準備をしていくことになります。
協議できないというこじれ方をしてしまった場合はつらいですが、子どもがいた場合に養育費についての協議だけはしっかりしておきましょう。
また、あとあともめないように、公正証書として弁護士に残してもらうことにしましょう。

 

離婚準備をする際、離婚する理由にもよりますが、協議離婚の場合には、男性側が女性側の言いなりになるというのはよくありません。
養育費に関しても、女性側から提示された額を男性側が鵜呑みにするのではなく、相場を知って、本当にどれだけかかるのかをちゃんと調べてから、
協議するという形にしないと、あとから遺恨になりかねません。

 

もちろん、お互いに特に相手方が再婚するようなことも視野に入れて、文書は作ってもらいましょう。
また、公正証書というのは、弁護士の前で読み上げられ、公的な効力のある文書ですから、いい加減なことは盛り込めません。
ですから、今後どれだけの養育費が要り、そしていつになったら増額や減額があって、いつまで続くのか、男性側もよくよく考えて、協議しましょう。

 

場合によっては離婚準備のためのメモという形で文書に残し、公正証書を作成してもらう弁護士に相談するとよいでしょう。
ちなみに弁護士費用は3〜5万円程度が相場です。男性側が頼むのか女性側が頼むのかはタイミングもありますが、
きちんと残しておくということは双方にとってあとあとよい関係を築くことになります。
"